スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方紅魔花伝詳細

東方紅楼夢にて頒布いたしますカードゲーム、「東方紅魔花伝」の情報です。

このゲームは山札からカードを手にいれて、
麻雀のように数字や色を揃えて役を作っていき、
2~4人で短時間でさくさく遊べるようになっています。
以下は簡単なルールの説明となります。

自分のターンでは順番に3つの行動を取ることができます。

1.ドローステップ 
山札を引くことができる。引いたカードは場に置く。
何枚引いてもよい。
既に場にあるカードと同じ色のカードを引いた場合はバーストとなり、そのカードを捨て札にしてターンを終了する。

2.セレクトステップ
場のカードを1枚手札に加える。

3.オープンステップ
役を1組オープンできる。


これを繰り返して手札を増やします。

カードには紅、妖、永、花、風、地、星の7色にそれぞれ1~7の数字があります。
この49枚から同じ数字を揃える「彩符」と、同じ色で連続する数字を揃える「連符」を狙います。
使用する枚数が多いほど高得点の役になります。

役として使用しなかった手札は数字がそのまま得点になりますが
同じ色が複数残った場合は2枚目以降はマイナスになります。

1枚でも役に立つ大きい数字を狙うのか、
連符に使いやすい3~5の数字を狙うのか、
人気の少ない1や2を狙うのか。
また欲しいカードがないときに山札をめくるのか、諦めて既に出ているカードを手札にいれるのか。
バーストしてしまうと手札が増えないため得点が伸びにくくなってしまいますが、
いらないカードを手札に残してしまうとマイナス点になってしまう可能性もあります。
状況に応じてそういうジレンマを楽しむゲームです。


最終的に得点の一番多い人が勝ちです。
例外として七連符、つまり同色をすべて集めた人はその時点が手札を公開して勝利宣言をすることができます。

また特殊札として、霊夢、魔理沙、紫、萃香が存在します。
それぞれシンプルなゲームへのスパイスとしての役割を果たしています。

以下はカードのサンプルです。

07.jpg14.jpg16.jpg19.jpg25.jpg32.jpg34.jpg43.jpg52.jpg01.jpg03.jpg04.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rei

Author:rei
サークル代表をさせていただいています。
まだまだ未熟者ですが、様々な方の協力をいただいて製作活動を続けています。
コメント等をいただけるととても嬉しいです。

Twitter
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
今日: 無料カウンター
昨日: 無料カウンター
総合:
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。